地下鉄に股がると、制限から冷房のぶりが吹いてしま

地下鉄に股がると、制限から冷房のぶりが吹いてしまうが、それって気になりませんか? 個人は髪の毛が狭いので、吹き出し口の下に立とう手法なら、風にあおられて髪の毛がぐしゃぐしゃになってしまいます。髪にコシがあれば、復元人気を通じて元に立ち戻るのでしょうが、細い髪の毛にはそこまでの人気がありません。乱れたら、異常っぱなし、ひどい状態のまま。しかも、地下鉄の風の吹き出しは、オートマチックルーバーになっていて、状況があちらへいったり、こちらへきたりという変わっていくのです。いたいけな細長い髪の毛は、風に吹かれて右側へいったり、左手へ行ったり・・もう一度髪の分け目は風に聞いてくれという感じです。自分の請いとしては、地下鉄の冷房のぶり本数を少なくしてほしいのですが、近くを見ても髪の毛が壊れないのです。髪の毛にハリがあるからでしょうか。重さがあるからでしょうか。いずれにしても冷房のぶりぐらい平気なのです。おや、ほんとうに羨ましい。女性だって抜け毛で悩む